英語絵本を読み聞かせる方法!ネイティブな英語に幼少期から触れよう!

英語絵本を読み聞かせる方法!ネイティブな英語に幼少期から触れよう!




英語力を身に着けるためには、日常的に英語を耳にする機会を作ることが大切です。そこでおすすめなのが、幼児期から英語絵本の読み聞かせをすること。

しかし、

 

うさママ
うさママ

パパ・ママは英語が喋れないから英語絵本を読んであげられない。

 

と諦めている方も多いのではないでしょうか?

私も英語が苦手なので、英語絵本の読み聞かせを諦めていたひとりだったのですが、とってもいいサービスを見つけました!

この記事では、

 

・英語絵本の読み聞かせで得られる効果やメリット
・英語絵本の読み聞かせをする方法
・英語絵本の選び方
・おすすめの英語絵本
・英語絵本読み方のコツ

 

を紹介しています。

「英語絵本を読み聞かせたいけど英語が喋れない」「英語絵本の選び方を知りたい」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

英語が苦手なパパ・ママが英語絵本を読み聞かせる方法は?

私の英語レベルは下の下。簡単な単語もじっくりと考えないと読めないので、絵本の読み聞かせをさせるなんて夢のまた夢でした。

ですが、

 

うさママ
うさママ

子どもは私の様に英語が嫌いになってほしくない!

 

と思い、幼いころから英語に触れる機会を作ろうと決め、英語絵本の読み聞かせをすることにしました。

そこで活躍しているのが、Audibleというボイスブックサービス

Audibleってこんなサービス

まずAudibleの特徴を紹介します。

 

・40万冊以上という圧倒的な書籍数を誇る
・月額1,500円で1コインもらえる(1コインで1冊本を購入できる)
・プロのナレーター・声優・著名人の朗読で本を楽しめる
・会員は30%OFFで単品購入が可能
・洋書の取り揃えも充実している
月額1,500円はちょっと高い気もしますが、絵本ってそれくらいしますよね?しかも、毎月貰える1コインは高額の本とも引き換えられるので、欲しい本が1500円以上の場合はむしろお得です。

また、ビジネス本やお笑いなど、会員なら追加料金なしで楽しめるコンテンツも充実しています。

Audibleの30日間無料体験がアツイ!

 

とらパパ
とらパパ

ボイスブックって馴染みがないけど、ほんとにいいの?

 

と思う方も安心してください。

初めてAudibleを利用する方は、30日間の無料体験を受けられます

しかも

 

・退会はいつでもOK
・退会後も購入したコンテンツは視聴可能

 

「うちの子には合わなかった」「読みたい本はもう購入した」と思ったタイミングで退会できるので、例えば30日以内に退会すれば利用料金は0円です。無料体験をすれば、1冊無料で好きな本をGETできちゃうので、登録しない手はありませんよね!?

ちなみに我が家は毎日活用しているので、無料体験後も継続しようかなぁと思っています^^!

 

Audibleの退会は簡単です!詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

Audibleでおすすめの英語教材は?

Audibleには洋書がたくさんあるのですが、子どもの英語絵本の読み聞かせにおすすめなのはこちら!

 

(出典/https://www.audible.co.jp/)

 

この英語絵本に収録されているのは、

 

Buying mittens(手袋を買いに・英語版)
Lark’s Migratory(ヒバリのひっこし・英語版)
Three Little Pigs(三びきのこぶた・英語版)
The moonlight and the glasses(月夜とめがね・英語版)
The fox’s wedding(きつねの嫁入り・英語版)
The Fox and the Grapes(すっぱいぶどう・英語版)
The Nighthawk Star(よだかの星・英語版)
The Lion and the Mouse(ライオンとネズミ・英語版)
The Emperor’s New Clothes(はだかの王様・英語版)
The Vain Jackdaw(おしゃれなカラス・英語版)

 

の全10作品。

通常価格5,000円、会員価格3,500円の高額絵本なので、無料体験でもらった1コインを使用しても、月額1,500円の通常料金でもらった1コインを使用してもかなりお得です。

Audibleで英語絵本を聞くメリット

英語が苦手なパパ・ママはもちろん、英語が喋れるパパ・ママもぜひ、Audibleを使って英語絵本の読み聞かせをしてみてください。

Audibleを使うメリットは、

 

・ネイティブな英語で読み聞かせができる
・プロのナレーターなので英語が聞き取りやすい
・絵が無いので英語に集中できる
・時と場所を選ばないので、車の移動中など隙間時間で英語絵本の読み聞かせができる

ということが挙げられます。耳が良い幼いころからネイティブの英語に触れることはとても大切!日本人では発音しにくい単語も、本場の英語で聞くことができます

英語絵本の読み聞かせをおすすめする理由

英語学習に英語絵本の読み聞かせをおすすめする理由を紹介します。

英語学習が長続きしやすい

特別な教材を使って英語学習をしようと思うと、

 

ばぶちゃん
ばぶちゃん

よし!勉強を始めるぞ!

 

と、パパ・ママも子どもも身構えてしまうもの。一方で、絵本は馴染みのあるツールです。また、1冊3~4分で読み終わりますよね。

英語絵本を使えば隙間時間に気軽に英語学習ができるので、気負いがなく、長続きしやすいです。

英語初心者でも分かりやすい

言わずもがな、絵本は子供向けに書かれているので、1文が短く、簡単な英単語で構成されています。ストーリーもシンプルなので、初心者でも理解しやすいです。

また、簡単だけど、実用的ないわゆる“生きた英語”が使われているのもメリット。例えば、美味しいって英語でなんと表現しますか?多くの方が、

 

うさママ
うさママ

delicious!

 

と答えるでしょう。だって学校で「美味しい=delicious」と習いましたよね?ですが、絵本によっては

 

ばぶちゃん
ばぶちゃん

Yummy!

 

と表現されています。

Yummyは、日本語でいうと「おいちぃ!」って感じです。赤ちゃん言葉ですが、ネイティブの子どもが日常生活でよく使う言葉。

このように、学校の授業では教えてもらえないけど、日常的によく使われる表現や単語を英語絵本で学ぶことができます

海外の文化に触れられる

英語絵本には、日本の絵本にはない、くすっと笑えたりちょっとドキッとさせられたりするユーモアのある1文が加えられていることが多いです。

また動物の鳴き声も、国によって違うことを知っていますか?例えば、日本ではネコの鳴き声を

 

にゃんこ
にゃんこ

ニャーニャー

 

と表現します。

しかし、海外では全然違うんです。

 

アメリカ…ミュー
イギリス…ミャウ
ロシア…ミャーウ
韓国…ヤオン
中国…ミャオ

 

他にも生活習慣や食文化の違いなど、海外と日本の差を探すのも楽しいですよ。

英語絵本の読み聞かせで得られる効果

英語絵本を読み聞かせることで得られる効果を3つ紹介します。

英語に馴染みが生まれる

英語に慣れていない人が英語を聞くと、耳障りな音に聞こえるものです。しかし、幼少期から英語絵本の読み聞かせを習慣化させると慣れ親しんだ音になり、“お勉強”として英語学習が始まった時に苦手意識を持つことなく、スムーズに取り組み始めることができるでしょう。

英単語を覚えられる

絵本は、子どもでも覚えやす簡単な英単語が連なっています。たくさんの英語絵本を読み聞かせることで、英単語を覚え、その使い方までも理解することができます。

親子で英語力がアップできる

英語絵本を読み聞かせることで、パパ・ママの英語力もアップします。もちろんある程度英語力がある方は、絵本を読んだだけでは変わりませんが、「英語が全く話せない」「英語が苦手」という方は、子どもに教えているうちに理解が深まり、英語力がアップするはずです。

読み聞かせる英語絵本の選び方は?

英語に慣れていない子どもに英語絵本を読み聞かせても、なかなか集中力が保てません。そのため、絵本選びは慎重に行いましょう。

短く単純なストーリーのものを選ぶ

英語絵本1冊目は、英語という概念を知るだけでOK

例えば、りんごの絵にAppleという単語が添えてある図鑑のようなものもいいですね。

(出典/https://hon.gakken.jp/book/1020490400)

また、同じ言葉を繰り返すものや、1ページ1文ほどの短くて単純なストーリーのものを選びましょう。

子どもの好きなジャンルを選ぶ

子どもは興味のあるものに対しては、興味や探求心が強いです。子どもの注意を引くためには、子どもの好きなジャンルの英語絵本を選ぶのがポイント。

食べ物や動物、乗り物は生活に密着したものなので、どんな子でもとっつきやすいジャンルです。

仕掛けがある英語絵本を選ぶ

英語絵本の読み聞かせに慣れたら、1冊を通じてストーリー性のある絵本を選び、文の作り方を学びましょう。

ストーリーが長くなると、途中で集中力が切れてしまうので、仕掛けがある英語絵本がおすすめ

 

(出典/http://www.neowing.co.jp/product/NEOBK-1391175)

 

楽しい仕掛けが、要所要所にちりばめられていると、最後まで絵本に興味を持たせたまま読み聞かせができるでしょう。

パパ・ママが英語絵本を読み聞かせるときのコツは?

英語絵本を読み聞かせるメリットを最大限引き出すためには、読み方にコツがあります。この章では、英語絵本の読み聞かせのコツを3つ紹介します。

子どもの英語力にあった本を選ぶ

対象年齢が書かれている絵本もありますが、それはあくまでも英語ネイティブな子どもが対象なので、あまりアテになりません。

英語絵本の読み聞かせを始める時は、英単語の数が少なく、短いものにしましょう。また、出てくる英単語は“食べ物”、“動物”など規則性のあるものだとより分かりやすいです。

英単語になれたら徐々に、簡単な文法になっているものに移行し、その後1冊を通してストーリーになっているものにします。

英語絵本を使って英語力を上げたい場合、何よりも継続力が重要なので、毎日読むと仮定して、パパ・ママと子どもの負担にならない絵本を選んでください。

最初は日本語で解説を加える

初めて英語絵本を読み聞かせても、子どもは何一つ理解できませんよね。そうすると全く面白さが分かりませんから、英語で読んだ後に日本語で解説をしてあげましょう

例えば、

 

とらパパ
とらパパ

The cat ate the fish.

うさママ
うさママ

Catが魚を食べたんだって。

 

というように、分かる単語は英語のままでもいいですね。子どもが理解できるようになったら、徐々に解説を減らしてください。

ゆっくり読む

単語や発音の仕方がしっかりと聞き取れるように、英語の絵本は日本語の絵本より、ゆっくりと読み聞かせてあげましょう。

ジェスチャーを交える

動作や数字などはジェスチャーを交え、セリフは感情的に読むことで、分からない単語を理解する手助けになります。

 

Let’s go!

 

ただ単調に読むよりも、変化を加えることで集中して楽しんでくれるはずです。

同じ本を繰り返し読む

お気に入りの本を繰り返し読みたがる子どもが多いですよね。親としてはいろいろな英語絵本に触れさせたくなりますが、暗唱できるほど読み込むことで、理解を深めたり自分で発音してみたりすることができます

多くの英語絵本をどんどん読み聞かせるのでなく、数冊の本を何度も読み込むのがおすすめです。

英語絵本の読み聞かせを習慣付けよう!

英語絵本の読み聞かせを幼少期から習慣付けることで英語への苦手意識を減らし、英語学習が始まった時にスムーズに取り組めるようになります。

毎日英語絵本を読み聞かせるのは大変ですし、パパ・ママが読み聞かせをする自信がないというときは、Audibleを利用してみてください。

 

・30日間無料体験ができる
・洋書が充実
・退会はいつでもOK

 

なので、ちょっとでも気になった方はぜひAudibleで英語絵本の読み聞かせにチャレンジしてくださいね!

 

 

 










英語絵本を読み聞かせる方法!ネイティブな英語に幼少期から触れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です