人生のターニングポイントになった2ヶ月間の振り返り。




ハロー!今日はなんだかエモい気分のかーりー( @25karly25 )です。

今日千葉県いすみ市を旅立ちました。なんとも言えない気持ち。

ブログは誰かの問題を解決するために書かなきゃいけないって口酸っぱく言われるけど、なんか今日はそんな感じの記事を書く気がわかないので、自己満ブログ書きます。

たまにはいいよね、これも大事な自分の記録。ここ2ヶ月のことを綴っておきます。

五月末に千葉県いすみ市にきた

1ヶ月の田舎フリーランス養成講座(通称いなフリ)を受けるために、山口県光市からはるばる千葉県いすみ市まできた。

遠出には慣れてるからどうってことなかった。旅に出る前の、あのいつもの感じ。

親にはもちろん内緒。

 

かーりー
関東らへんに旅行してくるわ~

海外に行かないだけマシって思ってるからか特に何も聞かれず。お父さんと2人っきりになったら将来についてつめられるから、実家にいた数週間はなるべく2人っきりにならないように気をつけてたな(笑)

いなフリでなりたい自分像をみつけた

いなフリに参加して、フリーランスとして稼ぐ方法をたくさん教えてもらいました。

「これだ!」ってすぐに思った。不思議とやっていける自信はあって。

私は働くことがすごく好きで、ただのバイトなのに誰よりも頑張っちゃう。でも好きだけじゃ続けられないことってあって、やっぱり「あの人仕事してないのに給料同じかぁ」とかって思ってしまうんよね。

で、モチベーションが下がって不満だけが出る。自分の考えを人に押し付けてるってことだもんね。よくない、これよくない。

カナダに住んでた時、チップ制度があったから働くのがもうめちゃくちゃ楽しかった!自分がいい接客したらその分チップとして返ってくる。めっちゃ頑張ってたなぁ。

フリーランスってそれと似た働き方だなって思ってて、いくらでも自分の価値を自分であげられる。なにこれ最高じゃねぇか。

自分が信じる自分の価値で仕事ができるって、こんな素敵な働き方ある?

めちゃくちゃポジティブだから、不安とかはまじでゼロ。なんとかなっちゃうもんね。楽観的で良かった。

御宿シェアハウスは最高だった

共同生活は慣れっこだから、なーんにも困ることはなかった。

6月は性格バラバラの3人で1つの部屋をシェアしてたけど、なんだか変にバランスはよくて居心地良かったな。

6月末に2人が出ていっちゃって1人になったけど、初めて1人になったときは「部屋広すぎぃぃ」って淋しくなった。でも、3分で慣れた。

7月は、ちょいちょいお客さんきたりしたけど、いなフリ系は私含め3人。

一緒におる時間が長かったからもう、2人のことが大好きなんやーーー!いすみで出会った人は本当にいい子ばっかでみんな大好きなんやけど、2人はその中でもズバ抜けて好き!おじいちゃんおばあちゃんになっても仲良くしようね、って約束した(一方的に)

毎日腹筋割れるくらい笑ってたから、「今日地球が爆発しても後悔ないな」ってまじで思ってた。極端

大人になってもこうやって大好きな人が増えていくってのはほんとに幸せだぁああー!!!

2年以上付き合った彼と別れた

彼氏いるって言ったら大体驚かれるんだけどなんで?失礼ですよ。

 

7月中旬に付き合ってた彼と別れました。ほんとーーーに久しぶりにズドーーンってなって、めちゃくちゃ泣いた。

よくもまぁこんな自由人と一緒にいてくれたなぁ。感謝しかない。

本当に私のこと大切にしてくれてたけど、泣くことが多い恋愛だったから別れて楽にはなった。毎日連絡取ってたからその習慣がなくなるのはすごく淋しい、やっとちょっと慣れてきたけど。

自分にとってきっとずっと大切な存在なんだろうなぁ。今もまだ好きだけど、もうちょっと時間経ったら正しい選択だったって言えたらいいな。

今この文章書いてたらスマホから平井堅の「いとしき日々よ」が流れてきた……

やめて……泣ける……

やっぱり私は人タラシ

私はやっぱり人が好き。

大好きな人たちと青い空さえあれば他はなんもいらんってマジで思っちゃうタイプ(笑)

お金好きだけど、働くのが楽しいだけで、別に困らず生きていけるだけのお金があればそれ以上は望まんもんなぁ。

大好きな人たちに囲まれてる方がお金あるよりも1000000000倍幸せ。

私と関わってくれてる人みんなに感謝。いつもホントーにありがとう。

今日から山梨県南部町に短期移住

今朝、人生のターニングポイントになったいすみ、御宿を離れました。

次なる場所は、山梨県南部町!

パラグアイの田舎町で出会った友達がコワーキングスペース兼ゲストハウスをオープンするので、そのスタッフとして働きます!

すぐ近くに山と川があるらしい!新天地楽しみ~!しばらくはここにいるので、みんな遊びに来てね。富士山登るぞっ。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です